財団法人 横浜勤労者福祉協会 汐田総合病院

病 院

病院の特徴

当院は1953年に横浜市鶴見区下野谷に汐田診療所として、地域の方々や民間団体、
労働団体などの力と先輩医師や看護師との協力のもと開設されました。
以来、「働くものの医療機関」「患者様の立場に立った親切で良い医療」を目標にし、
経済的な不安なく、安心して医療にかかれるよう社会保障の充実を目指す運動にも
積極的に関わり、福祉病院としての地位を確立しております。
具体的な特徴は、1.24時間対応の救急医療、2.保健予防、急性期、リハビリ、在宅医療
まで視野に入れた総合的な医療活動、3.併設の老健施設「やすらぎ」との連携、生活能力の
回復を目的とした高齢者医療の充実、4.在宅療養への後方支援、5.地域の基幹病院として
他の医療機関や福祉・行政機関等との連携による地域支援機能です。
今後も医療・福祉・介護をトータルに診られる医療機関として総合的なサービスを提供して
いきたいと思っています。

医療機関情報

財団法人 横浜勤労者福祉協会 汐田総合病院

所在地 神奈川県横浜市鶴見区矢向1-6-20 
アクセス
(最寄駅等)
●JR南武線 尻手駅下車 改札を出て左に徒歩10分
MAP
ホームページ http://www.ushioda.or.jp/
施設形態 病院
診療科目 一般内科、神経内科、一般外科、整形外科、脳神経外科、心療内科、精神外科、婦人科、泌尿器科(内科系)、泌尿器科(外科系)、皮膚科(内科系)、皮膚科(外科系)、皮膚科共通、小児科内科、小児外科、眼科、耳鼻咽喉科、リハビリ科、歯科
救急指定 2次救急
施設基準
(看護基準)等
■7:1
病床数 249床 (一般153床、回復期リハ51床、療養病床45床)
外来総数 520名 /日平均 
特殊診療設備 ファイバースコープ(上部消化管※内視鏡・大腸※内視鏡・気管支・腹腔※鏡)・高圧酸素療法・診断用X線装置(直接・間接・TV、透視等)・透視診断装置・断層撮影装置・消化管用間接撮影装置・全身用CT・脳血管連続撮影装置・MRI・微量輸血ポンプ・超音波診断装置(腹・心)他
その他関連施設 ■うしおだ老健やすらぎ
認定施設等 ■第二種社会福祉事業施設
■日本医療機能評価認定病院
■東邦大学医学部付属病院耳鼻咽喉科臨床研修病院(協力型)
■川崎協同病院臨床研修病院
■日本脳神経外科学会専門医認定制度による指定訓練場所
■日本脳卒中学会研修教育病院認定
■日本神経学会専門医制度教育施設
■日本内科学会認定医制度教育関連病院
■日本外科学会専門医制度関連施設
■日本整形外科学会専門医制度研修施設
■日本眼科学会専門医制度研修施設
■救急告示医療機関
研修プログラム